浮気NG.com|不倫や離婚など夫婦トラブルに役立つ情報&経験談

浮気NG!夫婦の浮気問題や離婚などの経験談

【夫の浮気後の束縛】男には激しい束縛はしない方が良い!?心理効果は?


二度と浮気させない!もう夫に浮気させないための激しい束縛

夫の浮気が発覚した場合、離婚するか再構築するかという選択肢に分かれます。夫がもう二度と浮気はしないと約束してくれたので再構築することに決めた…。とりあえず浮気は終わり、離婚は回避できたとしても浮気された妻にはまた違った苦しみがでてきます。

夫は浮気したことをすごく反省し、「もうしない」と言っているのに、信じきることができないのです。二度として欲しくないし信じたいのに信じられないのです。そのため、「今日は何時頃、帰るの?」「会社に出る時、必ずメールして」「寄り道する時は事前に連絡して」と、矢継ぎ早に質問してしまったりと、束縛してしまいます。

それがまだ、再構築を始めたばかりの頃であれば、夫も罪悪感があるから、とにかく誠実さを見せようと妻の束縛にも面倒臭がらずに丁寧に対応するでしょう。その時は、とりあえずは安心はできるのですが、夫に裏切られてれしまった妻の苦しみや悲しみは予想以上深いことがあります。

ふとしたことでフラッシュバックに見舞われると、延々と夫を責めてしまったり、束縛もさらにエスカレートしていくのです。やはり、一度でも前科があれば、猜疑心を取り去ることはとても難しいです。

浮気夫は妻から批判され、束縛されても仕方がないことをしたのです。そう思いながらも、最終的には自分のところに戻ってきてくれたのだから、浮気は遊びで本気ではなかったんだと妻も思いたいのです。信じたいのです。

でも、一度でも浮気をしたら、また浮気を繰り返すと世間ではよく言うし、もう二度と嫌な思いはしたくないと激しく束縛してしまうんですね。しかし、浮気をした夫は心を入れ替え、信頼を取り戻そうと努力しているのに、その努力は認められず、浮気をしたことばかりを責められ、束縛し続けられるのもつらいのです。どちらもつらくなるのが再構築の難しさです。

このページでは夫が浮気した後の束縛の加減について考察していきます。束縛をしすぎてしまったり責めすぎてしまう。束縛しすぎるのもよくないのかな…と思う人は参考にしてください。

束縛女ほど浮気されやすい?束縛が激しいと男は嫌になるか抜け道を探す

浮気するから束縛するのは当たり前のことに感じます。逆に、束縛するから浮気をしたくなるんだという言い分もあります。浮気する人は浮気が悪いことだとわかっています。しかし、特に男性は束縛が強すぎると、そこから逃げ出したくなり、自由を求めたくなったり、反発したくなる生き物です。

あまりにも強い束縛に、ストレスを感じて反省の気持ちがどこかに飛んでいってしまうのでしょう。人間は自分の都合の良いように考える生き物です。そんなに浮気って悪いか?家族を養って働いて自由もない俺の人生って何なんだ?遊んでるやつなんていくらでもいるだろう…などと考え始めます。

そして、今度はバレないようにどのように攻略しようか、抜け道はないか、そんなことを考えたりもする男性もいます。

もちろん、もう浮気するつもりがない男性もいます。してしまった浮気が性的な欲求だけでした出来心であり、精神的な浮気でないなら、もう浮気することはないと夫自身は思っているはずです。女にはわからない男の欲望だという男の言い分でしょう。妻にそのことをなかなか理解してもらえない、もどかしい気持ちがあるのでしょう。

反省して懲りた。もう浮気しないつもりでいたのに、何でそこまで束縛するんだ!うちの嫁は男の欲望をわかってないんだ!男はそういう生き物で本能なんだ、そもそも夜の営みに不満があるから悪いんだなど心の声が聞こえてくるのです。

【夫婦の駆け引き】浮気夫と束縛妻、どこまで自由がちょうど良い?

一度浮気した男は浮気を繰り返すとよく聞きます。一度で懲りて二度としない人も、もちろんいます。二度としないように束縛しておくべきでしょうか。束縛を窮屈に感じて逃げ場を探してしまうでしょうか。浮気した夫の自由と束縛の線引きをどこまでするのがいいかは、夫の性格と反省度合いと危機感によります。

まず、束縛をしてもしなくてもどちらにしろ浮気するタイプの病的な浮気症の人もいるので、どちらかが正解とは言いきれないこともあります。このタイプは束縛したら息苦しいと言い、自由にしたら寂しかったと言います。この病的な浮気症の男は自由にさせると本当に好き勝手にしてしまうので束縛したがいいように感じます。

ただ束縛するにしても監視するだけでなく、二度としない誓約書に書かせるなどはしておいた方が浮気の再発防止になるでしょう。口約束でなく書面で残すことによって言った言わないを防ぐことができますし、心理的ハードルを上げることができます。離婚する時などの切り札にもなります。書面の存在をチラつかせるだけでも束縛効果もあるでしょう。

そうなるとやはり束縛が正解でしょうか。しかし束縛が失敗するパターンもあるのです。禁止されるとしたくなるタイプです。隠れてバレずに浮気することにゲームを攻略するような感覚になり、難易度の高さまで楽しんでしまうのです。束縛しない方が良いこともあるのでしょうか。束縛しないとどうなってしまうでしょうか。

いっそ束縛しない!?自由に浮気して良いと言った場合の心理効果は?

束縛しても良い結果にならないなら、いっそ反対のこと、つまり自由に浮気しても良いとするのはどうなるでしょうか。この場合、一応、浮気を反省している夫はどんな気持ちになるでしょうか?ある意味、束縛は愛されているからされるわけで、束縛されなくなることで寂しさ、物足りなさ、あるいはかまって欲しいという気持ちが出てくるパターンもあります。いよいよ見捨てられると焦る場合もあります。

逆に、束縛がなくなったことで自由と開放感に浮かれてさらに浮気することありえます。束縛をしないことがプラスなのかマイナスなのか、夫の性格をしっかりと見極めましょう。浮気に対する罪悪感や性に対する考え方、さらには育った家庭環境なども関係してきます。

性格によりますが、細かく干渉してチクチク言うよりも「次したら即離婚で慰謝料たっぷり貰うから」と強気に釘を刺す方が、次に浮気するハードルはあがるでしょう。浮気を繰り返す男はどうせまた許してくれると甘くみていることがあります。「あ、本気だ」と思わせれば心理効果はあるでしょう。

「わかっちゃいるけど…」浮気が心配だけど束縛で相手を苦しめているなら

浮気は一回だけだし夫は猛省している。もう二度と浮気をしないだろうなと思ってはいても束縛しすぎてしまう。束縛することで夫に息苦しい思いをさせていることを頭ではわかっていたりします。理屈ではわかっていても感情が追いつかないことがあります。このような状態では、いつまで経っても再構築を始めることはできないと、焦りに似た気持ちがでてきたりもします。時には自分を責めてしまう場合もあれば、また夫への怒りが湧いてきたりなどを繰り返すケースもあるでしょう。

そもそも浮気した夫が悪い。でもいつまでも許せない自分も悪いなどと「何が悪い」いうことばかり考えていると本当の意味での信頼関係を築いていくことはできません。何とか話し合ってお互いに納得いくような夫婦のルールを作り、それを実行していくうちに信頼感みたいなものが夫婦の間に生まれてくるようになるのが再構築の良い流れです。

また、いつもの帰宅時間になっても帰ってこない夫に対して「どっかでまた、浮気してるのかしら? 懲りない人ね」などと冗談のような悪ノリをして笑い飛ばせるぐらいの寛容な気持ちが生まれてきたら吹っ切れているのかもしれませんね。

あるいは『自分以外の女性と親しくしないで!』と強く束縛したくなるほど大好きでしかたない人と一緒にいられる自分は幸せという考え方もできます。愛するがゆえにでてくる感情です。冷めた夫婦からみれば羨ましい関係に映るでしょう。

少しだけ考える方向を変えるだけで、今までマイナス部分だったものがプラスの部分にすることができる術を身につけることも傷を癒すことにも繋がります。焦らないこと、たとえ夫を責めても自分を責めないようにしてください。

特集記事一覧